ホーム > ヌード > 満島ひかりヌード画像まとめ!乳首丸出し!オナニー・パンチラ・レイプシーンもエロい!

2019/04/13

29 votes, average: 4.28 out of 529 votes, average: 4.28 out of 529 votes, average: 4.28 out of 529 votes, average: 4.28 out of 529 votes, average: 4.28 out of 5(29人)

満島ひかりヌード画像まとめ!乳首丸出し!オナニー・パンチラ・レイプシーンもエロい!

満島ひかり 画像


皆さんときめいてますかー?どうも管理人です。
 
今回は満島ひかりさんについて取り上げたいと思います!
 
ヌードを含むエロ画像をご紹介しつつ、映画での乳首丸出しシーンや、オナニー・パンチラ・レイプシーンについても迫っていきます。
 
どうぞ最後までお付き合い願います!

 

満島ひかり(みつしまひかり)のプロフィール

 


【名前】満島ひかり(みつしまひかり)
 
【生年月日】1985年11月30日
 
【現年齢】32歳
 
【出身地】沖縄県沖縄市
 
【血液型】A型
 
【身長】162cm
 
【スリーサイズ】75-60.5-89
 
1985年11月30日生まれ、沖縄県沖縄市出身。沖縄アクターズスクールが主催する「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’Sオーディション」での優勝をきっかけにアクターズスクールに入校。
 
11歳の時、篠山紀信プロデュースによる写真集「少女たちのオキナワ」においてグラビアデビュー。その後、ダンスユニット「Folder」に「HIKARI」として加入。97年、「パラシューター」でCDデビュー、ミリオンヒットとなる。
 
映画『モスラ2 海底の大決戦』では子役として出演。「Folder5」の活動休止後はソロとなり芸能活動を開始。09年、園子温監督作品「愛のむきだし」での狂気的な演技が評価され、報知映画賞、キネマ旬報助演女優賞など数々の賞を獲得。
 
その後は女優業を本格化させ、「川の底からこんにちは」、「クヒオ大佐」、「海辺の生と死」などの映画に出演。

 

 

 

「海辺の生と死」で乳首丸出し?

 

 

17年に公開された映画「海辺の生と死」で戦火に巻き込まれた教師を演じた満島ひかりさん。重厚なテーマ性と普遍的なメッセージ性で作品としても高く評価されましたが、実はこの映画で満島ひかりさんは乳首モロ見えの大胆ヌードを披露しているのです。
 
満島ひかりさんはもともと、「作品のためなら何もかも脱ぐ!」という筋金入りの女優魂で注目されている若手女優。「海辺の生と死」でのヌードシーンもエロさというよりもその役柄ならではの哀しさがあり、高い芸術性を感じました。
 
映画関係者も満島さんを次のように評しています。
 

こうした満島の演技を秋本氏は、「いい意味で常識ハズレ」と絶賛。
 
「知名度もあるし、今年はドラマ『カルテット』(TBS系)で好演し、資生堂や東芝などの大手とCM契約中です。例えば、同世代で同じような活躍をしている長澤まさみは、舞台では際どいシーンを見せているものの、がんじがらめの状況で完脱ぎする可能性はゼロに等しい。でも、それが最近の芸能界の常識なんです。まさに彼女は、その意味でも常識ハズレなのでしょう」
 
 しかし、彼女が“規格外”なのは今に始まったことではない。アイドルから女優に転身したばかりの09年からすでに兆候はあった。
 
「彼女がその名を知らしめたのは園子温監督の映画『愛のむきだし』(ファントム・フィルム)ですが、純白の生パンティを大開脚で惜しげもなく見せたり、安藤サクラと濃厚なキスや愛撫を見せたり、あげく、過激なオナニーも披露しました」(映画関係者)

(引用:アサ芸プラス

 

「愛のむきだし」でオナニー&パンチラ?

 

 

満島ひかりさんの女優としての転機は、09年公開の映画「愛のむきだし」でしょう。
 
上映時間4時間の超大作として話題となったこの作品は鬼才・園子温監督の独特な感性と奇抜な演出がぎっしりと凝縮されていて、もちろん、満島ひかりさんもその洗礼を受けています。
 
「究極の愛」をテーマにしたこの作品のなかで、満島ひかりさんは大胆にもどアップでのパンチラやオナニーシーンを堂々と演じきり、アイドル時代から完全に脱皮したことを強くアピールしました。
 
オナニーシーンではAV女優ばりのイキ顔を見せつけてくれる満島ひかりさん。心なしか洋服ごしの乳首も勃起しているようで、お宝映像であることに間違いはありません!
 

上映時間約4時間という園子温(その・しおん)監督の話題作『愛のむきだし』の中で、男嫌いなヒロイン・ヨーコを演じた彼女は、ギラギラとした野性的な魅力を放っている。
 
 ゆらゆら帝国の歌う「空洞です」をBGMに”パンチラ上等!”とばかりに大立ち回りを演じる他、新興宗教・ゼロ教会の幹部・コイケ(安藤サクラ)とのレズ的なシーンもあり、体当たり演技の連続なのだ。また、金子修介監督の『プライド』(現在公開中)ではビンボーな境遇に生まれた己の負のオーラを武器に、天才歌手・史緒(ステファニー)と火花を散らす宿命のライバル・緑川萌役をこってりと演じている。アイドルユニット「Folder5」として活動していた満島ひかりが、大変なことになっているのだ。

(引用:exiciteニュース

 

「カケラ」で全裸シャワー&レイプシーン?

 

 

「愛のむきだし」から1年後。「カケラ」ではついに全裸シャワーやレイプシーンを見せてくれた満島ひかりさん。
 
人間の自我と無意識、というとんでもなく哲学的な問題をテーマにしたこの映画。男性ファンの間ではどうもメッセージ性よりも満島ひかりさんの脱ぎっぷりが注目されたようで、とくにわき毛未処理のヌードシーンは「ここまでやるか?」というほど過激で大胆な仕上がりでした。
 
ヌードシーンだけでなくリアルなレズシーンにも挑戦している満島ひかりさん。この人は典型的な「憑依型女優」で、いったん役になりきるととことんその人物になりきらなければ気が済まないんでしょうね。
 

 

 

過去には水着グラビアも?

 

 

沖縄のアイドルとしてデビューした満島ひかりさん。デビュー当時には水着グラビアにも挑戦しており、まだあどけない笑顔とスレンダーボディを見せてくれています。
 
これは勝手な想像ですが、満島ひかりさんにとってはアイドル時代よりも今のほうが充実しているのではないでしょうか。アイドル時代のグラビアを見ると、笑顔ではあるけれどどこか物足りないような、自分の居場所はここではないとどこかで感じているような戸惑いが垣間見えるのです。
 
スレンダーな美脚と彫りの深い顔だちはグラビア時代から健在ですね!
 

 

まとめ

 


・映画「海辺の生と死」で乳首丸出しのヌードシーンを披露!
・映画「愛のむきだし」では大胆なパンチラやオナニーシーンも!
・映画「カケラ」で全裸シャワー&レイプシーン!わき毛も話題に!
・デビュー当時は水着グラビアにも挑戦していた!


 
ということで今回は満島ひかりさんについてご紹介いたしました。
 
女優転身の大成功例と言える彼女。今後も大胆な演技に期待してます!
 
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

1点2点3点4点5点
(29人がときめきました☆: 4.28 / 5)
Loading...Loading...

新着記事

カテゴリ: ヌード 乳首・乳輪 貧乳・微乳

タグ: , , , , , , , , , , ,
コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)