ホーム > アイドル・女優 > 桜井浩子がヌードに!ウルトラマン女優のおっぱい乳首丸出し濡れ場がエロい!

2017/12/05

10 votes, average: 3.60 out of 510 votes, average: 3.60 out of 510 votes, average: 3.60 out of 510 votes, average: 3.60 out of 510 votes, average: 3.60 out of 5(10人)

桜井浩子がヌードに!ウルトラマン女優のおっぱい乳首丸出し濡れ場がエロい!

 

桜井浩子(さくらいひろこ)のプロフィール

 


現在、団塊の世代より少し手前のお父さんにとっては、桜井浩子さんといえば往年のウルトラシリーズのフジ・アキコ隊員かもしれません。ウルトラマンシリーズだけでなく冷徹な悪女役も幅広くこなす桜井浩子さんは1946年3月4日、東京都出身。57年に児童劇団に所属後、61年に東宝入り。映画『紅の海』で本格的に女優デビューをすると、66年に放映された『ウルトラQ』でカメラマンとして出演。その後継シリーズである『ウルトラマン』でもフジ・アキコ隊員役で出演し、「ウルトラマンシリーズのきれいなお姉さん」として子どもたちに人気となります。67年に東宝を退社した後は活動の場をテレビドラマに移す一方、実相寺昭雄監督の『曼荼羅』ではそれまでのイメージを大きく覆すオールヌードや濡れ場を披露するなど、ウルトラマンシリーズとはまた違った妖艶な魅力を見せつけます。90年代にはウルトラマンの再ブームもあり、新作シリーズにもゲスト出演。時代を超えて、そして世代を超えて愛されるきれいなお姉さんです。

 

まさに昭和の名女優!濡れ場のお相手も時代を感じさせます

 

桜井浩子さんの女優デビューは1957年。当時の映画監督や共演者の名前を見るだけでも昭和という時代を感じさせます。森繁久彌、左卜全、実相寺昭雄……。字面にするだけでも錚々たる面々ですよね。左卜全なんて、歴史上の人物かと最近まで思っていました。桜井浩子さん自身の顔だちも和風なようでいて鼻筋がくっきりしているためどこか洋風の味わいもあり、スレンダーボディが子ども心に刺激的でした。

 

何といってもウルトラマンシリーズ!桜井浩子さんが教えてくれた性への目覚め

 

桜井浩子さんの芸能人生はやはり、ウルトラマンシリーズを抜きにしては語れません。それも、シリーズ草創期から携わっているというのですから、女優としてのキャリアの深さがうかがえます。『ウルトラQ』はその後放送されたウルトラシリーズとはひと味違う大人の雰囲気で、単純な勧善懲悪ではないところに独特の魅力がありました。謎めいたあのテーマソングが今でも印象に残っています。

 

決意のオールヌード!その裏に隠されていたものは?

 

ウルトラシリーズではきれいなお姉さんとしてすっかりお茶の間に定着した桜井浩子さんですが、71年には映画『曼荼羅』でフルヌードの濡れ場を披露するなど、それまでのイメージを良い意味で裏切るような役どころを次々と引き受けています。その背景にはもしかしたら、「私はウルトラシリーズだけでは終わらない!」という女優としてのプライドがあったのかもしれませんね。

 

ウルトラシリーズのレジェンド!桜井浩子さんはやっぱり永遠の「きれいなお姉さん」です

 

90年代からはゲスト出演というかたちでふたたびウルトラシリーズに関わっている桜井浩子さん。2005年の『ウルトラマンマックス』ではレギュラー出演もしているということで、年月が経ってもウルトラマンへの愛は変らないようです。今後もぜひ、最新のウルトラシリーズできれいなお姉さんの面影を拝見したいものですね。

 

1点2点3点4点5点
(10人がときめきました☆: 3.60 / 5)
Loading...Loading...

新着記事
関連記事
None Found

カテゴリ: アイドル・女優 ヌード 乳首・乳輪

タグ: , , , , , ,
コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)