ホーム > アイドル・女優 > 原千晶ヌード画像まとめ!病魔が襲う前のヘア&乳首丸出し全盛期を徹底特集!§

2019/09/05

21 votes, average: 4.05 out of 521 votes, average: 4.05 out of 521 votes, average: 4.05 out of 521 votes, average: 4.05 out of 521 votes, average: 4.05 out of 5(21人)

原千晶ヌード画像まとめ!病魔が襲う前のヘア&乳首丸出し全盛期を徹底特集!§

 

原千晶(はらちあき)のプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

原 千晶さん(@seribukristal)がシェアした投稿



90年代のバラドルの歴史を語るうえで原千晶さんの名前をはずすわけにはいきません。1974年4月27日生まれの原千晶さん。出身は北海道ですが、お父さんの仕事の都合で北海道内や千葉県など各地を転々とします。94年、「95年度クラリオンガール」に選ばれたのをきっかけに芸能界デビュー。『ワンダフル』など数々の人気バラエティにレギュラー出演するほか、97年には篠山紀信氏とコンビを組んでヘアヌード写真集を出版し、グラビア路線でも男性ファンを増やします。2005年に子宮頸がんと診断され、再発を乗り越えて芸能界に本格復帰するなど、闘病の苦労を感じさせないエネルギッシュな活躍で注目をあつめています。

 

さすがはクラリオンガール!エロさたっぷりのボディラインと豊満おっぱい


バラドルという言葉に隠されていますが、原千晶さんの原点はモデルであり、グラビアアイドルです。まずはこの圧巻ボディを見てください。細身なカラダながらもおっぱいのふくらみは充分すぎるほどのボリュームで、腰のくびれもエロさ抜群です。色白のボディラインはまさに、北海道が生んだ天然記念物という感じがしますね。画像をよく見ると、乳首がふたつともしっかり立っています。不自然にピンクすぎない乳輪が逆にリアルでそそられますねぇ。公式プロフィールによるとバストサイズはなんと85cm。道理で見ごたえがあるわけだ。

ヌード画像はこちら①
ヌード画像はこちら②

 

バラエティでもエロかった!90年代バラドルの底力


セクシー路線でもきちんと結果を残している原千晶さんですが、世間でのイメージはやっぱり「明るいバラドル」ではないでしょうか。バラエティへの意欲も人一倍強かった原千晶さん。『ワンダフル』ではキャストでありながら番組制作にも積極的にかかわり、コーナー企画もコンスタントに発案していたというのですから、バラエティにかける熱は半端ではありませんよね。伝説のコント番組『力の限りゴーゴゴー』ではかなり思いきったコントに挑戦するなど、モデルのイメージを飛び越えた活路をつねに探しつづけてきた女性です。

 

ヌード画像はこちら③
ヌード画像はこちら④

 

篠山紀信も認めた!原千晶さんのパーフェクトヌード


原千晶さんのヘアヌード写真集を今でも大切にとっている男性も多いことと思います。今でも第一線級のアイドルやタレントがオールヌードになるとワイドショーで話題になるものですが、当時はさらに衝撃的で、しかも篠山紀信氏の撮影とあってファンの間でも賛否が分かれるほどの大騒ぎになりました。肝心の中身はもちろん誰もが納得するクオリティで、20代の原千晶さんのポテンシャルを余すところなく活かしきった名作と評価されています。そのあとに出版されたセミヌード写真集もなかなかのクオリティでしたよね。個人的な話ですが、原千晶さんには何度もお世話になったものです……。

ヌード画像はこちら⑤
ヌード画像はこちら⑥

 

がんの再発を乗り越えて……啓蒙活動に力を入れる原千晶さん


2005年、健康診断で子宮頸がんと診断された原千晶さん。一度は子宮温存療法により復帰に成功するも、その後ほどなくして再発と転移が発覚。子宮全摘手術と抗がん剤による治療をつづけ、2009年頃からは本格的に活動を再開しています。自身の闘病経験をもとにして自助団体「よつばの会」を設立した原千晶さん。今後は本業のタレント活動の傍ら、同じ病気で悩む女性たちのための啓発活動に力を入れていくとのことです。

ヌード画像はこちら⑦

 

1点2点3点4点5点
(21人がときめきました☆: 4.05 / 5)
Loading...Loading...


カテゴリ: アイドル・女優 乳首・乳輪

タグ: , , , , , , , , , ,
コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)